〒516-0021 三重県伊勢市朝熊町4383-469 TEL 0596-63-5677/FAX 0596-22-8851

伊勢市 ものづくり企業データベース

最終更新日 平成26年7月17日

貝細工の工芸職人が真心を込めて作ります。貝の家紋の事なら大晃工房に万事お任せあれ!

〔E32その他の製造業〕

大晃工房
たいこうこうぼう




代表者 山口晃司(作者名:晃山)
郵便番号 516-0804
住所 三重県伊勢市御薗町長屋2923 【地図
TEL 0596-25-4899
FAX 0596-25-4899
設立 昭和45年
資本金 1,000万円
従業員数 2名

事業内容・主要製品

大晃工房は、白蝶貝、黒蝶貝などの貝と真珠を組み合わせて、完全オリジナルの家紋額、美術額やアクセサリーを製作しています。

蝶芸職人(白蝶貝、黒蝶貝を使った貝細工の工芸職人)は全国的に数少なくなっている中、その一人である山口晃山氏が、七色に輝く白蝶貝の光沢を活かした数々の作品を創り出します。

<白蝶貝とは>

白蝶貝は、加工が容易であり、貝自体を磨くと七色に輝く特徴があり、宝石やアクセサリーとして使われてきました。トルコの有名な中世建物である「トプカプ宮殿」にも白蝶貝を施した数々の展示品があります。


家紋額

家紋を貝の中でも最高級である白蝶貝の光沢を活かし、伝統と技で巧みに造り上げた工芸額です。

同じ作品を作っても、貝の大きさ、貝の光沢は全て一品一様です。

七色に輝く家紋は、その家に光をもたらし、七色に輝く家名はその家に幸せを呼び込むと言われています。




美術額

お客様が持ち込まれた絵にあ った色の貝(白蝶貝をベースに、黒蝶貝、鮑貝を組み合わせる)を使って製作した工芸額です。

七色に輝く家紋は、その家に光をもたらし、七色に輝く家名はその家に幸せを呼び込むと言われています。




小作品

置物、アクセサリー等の製作も行っております。






社長から一言、社長のモットー


大晃工房
代表 山口晃司
(作者名:晃山)

25歳頃に技術を身につけて以来、作品を製作しています。

白蝶貝は貝の中でも最高級と言われています。大型で肉厚があるため、貝を磨 いたときの光沢がすばらしく、光が当たると七色に輝きます。この貝の美 くしさに魅了され、現在では全国でも数少ない蝶芸作家を続けています。

おかげさまで、北海道から九州まで作品を送り出しています。一つ一つ、丁寧に真心込めて手作りしています。



会社沿革

昭和45年 旧御薗村で独立、製作を開始
昭和53年 伊勢工芸社 御薗事務所を立ち上げ
平成 3年 大晃工房に社名変更