〒516-0021 三重県伊勢市朝熊町4383-469 TEL 0596-63-5677/FAX 0596-22-8851

伊勢市 ものづくり企業データベース

最終更新日 令和3年11月10日

伊勢の地で1300年続く日本の伝統文化を育む

伊勢絽刺し 彩いち
いせろざし さいち


代表者 西川 佐惠子(にしかわ さえこ)
郵便番号 516-0802
住所 伊勢市御薗町新聞912-6 【地図
TEL 0596-64-8295
FAX 0596-64-8295
設立 2017年9月
資本金 300万円
従業員数 1名

■事業内容・サービス・主要作品

「伊勢彩いち」は、1995年より三重県伊勢の地を拠点として製作活動を開始しました。絽刺しの基本要素である古典的な模様に加えて現代の感覚で草案した作品の発表を通じて「絽刺し」の知名度の向上に努めると共に、講座や教室の開催を通じて、日本古来の絽刺し文化と技術の伝承を目指しています。さらに古くから伊勢志摩地方に伝わる貝紫による染色技法を使い、染色された糸で絽刺しを製作することで、他の地域にはない伊勢志摩の文化が込められた商品を開発しています。


■「絽刺し」とは

『絽(ろ)刺し』とは、『絽(生地)』に絹糸や錦糸などを、縦糸と横糸にしてからませて織った、透き目のある織物のことです。刺繍の一種で、別名公家(くげ)絽刺しともいわれています。三本絽といわれる絹の絽布に、やや太めの絹の撚(よ)り糸を使って図案を刺し埋めていくものです。古く平安の時代には公家や武家の子女の道楽とされていたといわれています。明治以降、大正、昭和と年々隆盛になり上流婦人の間で趣味の手芸として珍重されました。その後、伝統手芸として一般の子女の間でも手がけられ、諸外国でも好評、賞賛を博しています。絽刺し自体は、歴史のある日本の伝統手芸です。



■絽刺し作品紹介

伊勢志摩に伝わる貝紫による染色技法を使い、染色された糸で絽刺しを製作することで、他の地域にはない伊勢志摩の文化が込められた商品。

オリジナルの注文も承っています。


①小物

六角型桐箱

カードケース




②小物

名刺入れ

名刺入れ




③バッグ

和風三つ折りバッグ

和風手提げバッグ




④作品展

第53回手工芸作品展 入選作品 トートバッグ・日傘

平成28年手工芸作品展 入選作品 帯



■貝紫作品紹介

伊勢志摩地方に伝わる貝紫による染色技法を使い、染色された糸で製作した商品です。絽刺しは、日本の伝統工芸でもあります。

オリジナルの注文も承っています。


①小物

名刺入れ製作前

名刺入れ




②小物

ペンダントトップ(セーマン・ドーマン)

ピンブローチ(セーマン・ドーマン)




③その他

桐箱(さやがた柄)

桐箱(芝つゆ紋柄)




④その他

カードケース

桐箱(こま犬)



■貝紫染めとは

古くから伊勢志摩地方の海女さん達は、岩場に多く生息するイボニシ貝やアカニシ貝のパープル腺から採取した染料で、磯手拭や襦袢などに、星形の印(セーマン)と格子状の印(ドーマン)を貝紫色で描くまたは黒糸で記し、海での安全を祈願して来ました。磯ノミ、磯ジャツ(上着)、磯メガネなど、海女の用具全般に記されます。 星形は一筆書きで元の位置に戻り始めも終わりもないことから魔物の入り込む余地がなく、また海女達の口伝に寄れば元の場所に戻る=「無事に戻ってこられるように」との祈りを込めたともいわれ、格子は多くの目で魔物を見張るといわれています。 ウェットスーツの普及で、この風習は急速に廃れつつありますが、スーツの上からセーマン・ドーマンの描かれた頭巾を付けるなど、現代もこの風習は残っています。


アカニシ貝

伊勢志摩地方の海女が身につける魔除けのセーマン・ドーマン



■貝紫染めの流れ


①アカニシ貝からパープル腺を採取

②染色




③乾燥

④染色された糸で絽刺し作品を製作



■絽刺し教室

絽刺しの刺し方は決して難しくありません。しかし、ひとつの作品が完成するまでには一針一針に想いを込めて長い時間をかけて作り上げて行きますから、お守りや贈り物として大切に扱われてきたのもうなずけます。


初心者の方も安心してお問い合わせください。




生徒作(携帯ケース)

生徒作(ストラップ)



■日本手工芸指導協会絽刺し科


2019年に師範免許を取得






主要取引先、納入実績

納入先 納入実績
一般市場 鳥羽一番街で販売


社長から一言、社長のモットー


絽刺し 西川佐惠子

日本古来の文様も、新しいデザインも積極的に取り入れて、国内外を問わず多くの方々に絽刺しの魅力を伝えて行きたいと願っています。



会社沿革

1995年 伊勢市を拠点に製作活動を開始
2004年 「いせトピア公民館講座」にて絽刺し講師を担当
2010年 二見町賓日館「絽刺し・そめ花・手作り絵本合同展」に出展
2014年 一般財団法人「日本手工芸指導協会 絽刺し科」入会・講師免状取得・三重県アートジュエリー協会展に出展
2017年 鳥羽一番街チャレンジマーケットにて「絽刺し 伊勢彩いち」出店を開始
2018年 「小俣町公民館講座」にて絽刺し講師を担当
2019年 一般財団法人「日本手工芸指導協会 絽刺し科」にて師範免許取得・伊勢匠の会に入会・伊勢市御薗町に教室開設
2020年 大庄屋 かどやにて教室開催